• da-su-

【インタビュー】抱えた違和感 話せる人だったから【元インターン生 保坂響さん】


社会人1年目、東京の会社に勤務されている保坂響(ほさか きょう)さん。

秋田市、秋田大学出身。


2016年5月から約2年間、株式会社あきた総研のインターン生として、

あきた総研代表取締役の須田紘彬さんのサポートやイベントの企画等を担当。


ーご自身のインターンシップについて書かれた記事(外部サイト) ”秋田の学生さんへ|Today- Hatena Blog


今回は響さんがインターンやお仕事のご経験を活かし、個人としてご友人と共同開催された学生支援のイベントでお話を伺いました。


Facebokイベントページ:東京就活の勧め〜頼りになるお兄ちゃんお姉ちゃんを作ろう!〜


こんにちは!

今回のライターはあきた総研インターン生の押久保美和です。

前回のインタビュー記事をたくさんの方に読んで頂き、本当にありがとうございます!

前回のインタビュー記事 ”【何者?】新年早々女子大生に問い詰められた【インタビュー】

前回に引き続き、須田さんとは何者なのかを知るため、今回は先輩インターン生の保坂響さんにお話を伺いました。


是非、私を含め進路や生き方に悩む学生のみなさんに聞いていただきたい!そんなお話をしてくださいました。


秋田で感じていた閉塞感とは?


(押久保 以下押)

今日はよろしくお願いします!

響さんは学生時代、就職にについて考えている中で、自ら須田さんに連絡を取り、会いに行かれたそうですね!


「それって凄い行動力だな、勇気がいるな」と思ったんですが、自分から知らない大人に連絡して会うことに不安はありませんでしたか?


(響さん 以下響)

めっちゃありました。

須田さんが何をしているのかも謎だったし。笑


でも、Facebookで須田さんと共通の知り合いが出てくるのを見てたので「たぶん大丈夫だろうな」っていうのもあって、(初めて連絡を取るときは)「もう、やったろ!」って感じでしたね。


(須田さんに会いに行くことに)不安は凄くありましたけど、当時はそのくらい悩んでいて、閉塞感みたいなものを感じていました。


本当に八方塞がりみたいになって、「やっぱり何かしないとこの状況って変わらないな、なんでもいいから、何かあったらとりあえずやってみよう」と当時は思っていました。





(押)

なるほど。当時感じられてた閉塞感は、進路が決まっていないことが原因だったんでしょうか?


(響)

そうですね…。

自分の周りの大人達のおススメする職業に本当に偏りがあって、

JRに入るか、公務員銀行員になれたらいいね、みたいな雰囲気が凄かったし、

周りの友達の将来なりたいものも本当にそればっかりだった。


理由はやっぱり安定してるとか働きやすいとか。


けれど、私が自分で感じてた状況って秋田で銀行に入ったとしても、地銀はこれからどうなるのかっていう情報もいっぱい入ってくるし、

秋田の民間企業景気がいいとは思えなくて、この先景気が良くなるとも思えなかった。


そうなってきたら、この先秋田県自体が明るくなっていく未来が全く見えないし、秋田からそれで人がいなくなったら、公務員になっても税収が入ってこなくなる。


(押)確かに。




(響)

だから、「何を根拠に安定しているって言っているんだろう?」ってすごく思っていて、

けどそれに対して、一緒に話してもらえる人を見つけられなかったし、そういう考えを持って居る人が周りにあんまりいなかった。


周りの大人が言っていることと、自分で見聞きして感じていることの矛盾みたいのがあって、「これってどうすればいいんだろう」っていう閉塞感もありました。


それをちゃんと須田さんに話せたっていうのは大きかったなあ、と思います。



須田さんの第一印象は?


(押)

なるほど、周囲に思っていることをなかなか話せない状況にも閉塞感を感じられていたんですね。

そんな中、須田さんと初めて会った時の印象はどんなものでしたか?


(響)

一番最初に会う前は、肩書をみてエリートみたいな感じかなと思っていました。


(押)リクルート出身ですしね。


(響)

それで、ニュージーランドに行ってベンチャーに行きましたって。

秋田にいたらベンチャーって響きからしてもうハイカラなイメージで!


なんかすごいなって思ってたし、ベンチャー行きました、起業しましたってすごい頭キレキレの人が来ると思ってて、写真もなんかシュっとしてたし…。



シュッとしている須田さん

須田さんの詳しい経歴はProfileから


(響)

そんな感じで、エリートな人が現れると思ってたら、話してみたら凄く気さくだし「私がこういうこと思っているんです」っていうのに対してもすごく「わかるわかる」って親身に話を聞いてくれて、すごく優しくて良い人だなって印象を受けました。


(押)

なるほど。そしてあったその日にインターンシップを始めることを決められたんですよね!

それも物凄い決断力だと思うんですが、どんな経緯があったんでしょうか?


(響)

もともと須田さんと話に行ったのは、自分がこれからの仕事だけじゃなくて、

私の中で生き方に対して漠然とこうしたいな、っていうイメージがあるんだけども、

それと周りから進められる働き方自分が知っている仕事繋がらなくて、それで悩んでいたっていうのを相談したくて行ったんです。




(響)

どういう風に生きていければいいのか自分が理想にしている生き方をする為にはどんな働き方をすればいいのかを知りたい、っていう気持ちでした。


「そのために何をすればいいですか?」っていう質問をしたら「じゃあうちでインターンをしたら?」っていう答えだった。


実は私は、当時須田さんがやっていた「ヘバナントス」という有料の就活塾に申し込むつもりで話を聞きに行ったんですが、

そうしたら「お金払わなくていいからインターンして、その代わりに色々教えるっていうのはどう?」と言われてあきた総研に入りました!


(押)そんな経緯があったんですね!




(響)

就活をするのであればエントリーシートの書き方面接練習をするけど、その当時ってまだ就活をするかどうかで迷ってる時点だったから、いろんな経験して就活をするのかどうかも一緒に考えていこっか、という話でした。


(押)

就活塾だと当時の響さんのニーズには合わなかったので、インターンを代わりに提案された、ということですね。




インターン1か月目ガラッと変わったのは?


(押)

そうしてインターンシップを始められた後、須田さんの印象が最初の1か月でガラッと変わったと伺いました。

どんな風に変わったんでしょうか?


(響)

1か月一緒に過ごした中で、最初の「いい人だな」「親身だな」っていうのは変わらなかったんですが、

プラスして結構下ネタ言うとか、結構雑なところは雑だったりとか、そういうところが見えてきて。




(響)

1か月かけて、須田さんてだいたいこういう人なんだなっていうのがわかって、そこから須田さんの印象は全然変わってないです。


(押)

わかる気がします!


最初は須田さんにとっても他人なので、相談相手として話してくれていると思うんです。

だけど、インターン生になったらうちの子になるからその分距離が縮まって、須田さんの素が出てくるというか…。


(響)

そうそうそう!


寂しがり屋さんなところもあって、

なんか「今からごはん行こ」って突然言われて、「なんでですか」って聞いたら、「いや、一人で行くの寂しいから」って。


(押)

そんなことが!



(響)

最初の1か月で、他の学生が「ねえ、だーすー!」って言ってお肉をつまんでいたりするのも見たりして、「あ~学生とはゼロ距離なんだな」っていうのがわかりました。


今はなしてて思いました。あの1か月の間で、須田さんをこういう感じねって思ったのを一言で表すとしたら変態っていう言葉に表されるんだなって。笑




(押)

変態ですか!?

でもそんな変態な須田さんのもとでインターンシップをしていたわけですよね?