• da-su-

起業したら気付いた3つのこと



まずは前の記事をチェック 起業するために必要な3つのこと(別記事)"

 前の記事では、私が起業する前に必要だと思っていた起業のスキルについて、お話をしました。今回は、起業した後ですね、起業して今7年くらい、2013年から起業していますので、まあ5年を過ぎた訳です。起業してみて、とっても大事なことにいくつか気付きました。


 世の中で起業をして5年続く人のパーセンテージって非常に低いんですね。3年でどれくらい、5年でどれくらい、10年続く会社なんて非常に少ないという形でいる中で、少なからずここまで生き残らせてもらった中で気付いたことを、3つお話ししたいと思います。



 1つ目、何かと言うと、時間も実績であるということです。急成長したりするとですね、非常に歪みが大きかったりするので、やっぱり緩やかに、緩やかに、自分が死なないように、もしくは、他のバイトを掛け持ちしてでも、長く続けているという事が実績になります。


 さっき前段にも言ったんですが、3年続く人ってやっぱり少ないんですね、5年続く人ってもっと少ないんですよ。となると、「こいつ何か長く続けてるんだったら、何かできるのかもしれない」っていう風に、お客さんは思い始めますので、それを考えると、長く続けるというのが、実績になります。


 起業したての頃って、すごく「実績何ですか?」って聞かれるんですね。でも、「実績なんかねぇよ!起業したばっかりなのに」って、こっちとしては思うんです。だから、目に見える実績を作るというのも大事なんですが、時間も実績になりますよということで、これから起業する人に対しては、頑張って、時間がかかりますが、それを目指して、死なないようにしてほしい。


 死なないようにするというのは、資金ショートしたりとか、無茶に大きく事業を拡げようとしたりせずに、コツコツと続けていくことです。最悪バイトで食いしのぐということも、非常に重要な実績になりますよということが、1つ目です。


 2つ目、起業しちゃった後に気付いたのは、やっぱり企業は複数名でやった方がいいです。1人というのは、無茶苦茶しんどいというか、精神的に追い詰められます。複数名で起業すると、相談もできるし、人脈も倍になるので、会社としては非常に有利になるんですね。

 例えば、一人でやるとどうなるかというと、視野が狭くなってくるというか、「何故社会は俺を評価してくれないのか?」みたいな気持ちになったりするので、励まし合える人っていうのが非常に必要になってきます。資金の話にしても、やっぱり2人いた方が倍になるだろうし、あとはノウハウに関しても、情報の広がり方っていうのが、2倍じゃないですね、2乗になると思った方がいいと思うので、非常に幅が広がる。できれば、違うタイプの人、自分ができないことができる人と、一緒に起業するというのがいいかなと思います。


 最後3つ目になりますが、扱うものは、自分の熱意があって、これから売れるであろうということ、ものがいいかなと思います。そのもの、ことに対して、「何故これから流れがくるのか?」っていう根拠も必要ですし、時代の流れ、時流を掴んで、商品を展開するというのが、重要かなと思っています。


 例えば、2013年に私が起業した当初、起業するかどうか、その半年前までは迷っていましたが、起業することに決めたんですね。理由としては、これから人手不足が加速するであろうと思ったからです。2013年の時はそんなに人手不足とかは言われてなかったんですよ。ただ、これから人口統計上、絶対的に人手不足になってくるから、人材業としては、ニーズが出るであろうと。


 それから、インターンシップを国が力を入れて推進する、ということを言っていて、まだインターンシップがそれほど浸透していなかったんですよ、当初は。でも今は自治体がこぞって、インターンシップ支援をしています。



 極めつけとしては、人口減があるからなんですが、私の目測としては、人口減が進行して、人手不足になるんであれば、ただ単に供給をする、人が紹介とか派遣とかで「こんな人いますよー」というような商売ではなくて、会社の中の、そもそもの組織、風土を変えていくだとか、それから、仕組みとして「こういう働き方じゃだめだよね」とか(今でこそ働き方改革っていう名前がついていますが、まだ2013年当初は、その構想段階だったんで、そういう言葉は出ていなかったです)

長時間労働になってしまうにあたって、薄利多売になっちゃってるから、そこに付加価値を高めるという商品設計とか、商品開発みたいな、なんかそういう会社の内側まで入るような仕事っていうのが「これから来るだろうな」と思っていたので、起業を決意しました。


まとめ


  • 時間も実績。バイトしてでもコツコツ続けることが大切

  • 1人よりも2人。複数名で起業すると良いことづくめ

  • 時流を掴んだ商品選び

関連リンク

創業10年後の企業生存率はどれくらい?[中小企業白書より]-3分でサクッと読める中小企業経営TIPS 2. 廃業の実態-中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency 持続的な成長企業を作る経営手法を理解する|持続的成長企業の正体-中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局 パートナー選びが大切!?共同経営で起業するには-Square (スクエア)|スマホでカード決済・POSを始める これからの人材育成、人材マネジメント-日本総研


だーすーさんに相談する

「何か始めれば記念日」

株式会社あきた総研

代表取締役 須田紘彬

キャリアメンタリスト地域コーディネーター

就職相談/人材確保/働き方改革/ダイバーシティ/選択肢/決断

@2018 by Suda Hiroaki

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

Conext me