• da-su-

個人情報を開示した人により多くの情報が集まる



 SNSもたくさんの種類が出てるし、一方では個人情報の扱いに気をつけましょうということが、非常に厳しくなっている世の中で、自ら情報を開示していくっていうのが、すごく大事だし、やった方がいいよということをお伝えしたいという内容になります。


 SNSを鍵かけたりする人がいるのは、もちろん分かるんですけど、やっぱり自分のブランディングに制限するのはもったいない。高校生とか未成年はした方が良いと思うけど。



 例えば初めましての人に一から生い立ちから説明する訳にはいかないし、自分にどんな友達がいるんだという事を、いきなり話し始めるのもリアルだと面倒くさいし、向こうも聞く気にならない。



 SNSの良さって、写真を上げていたりとか、こういう事考えているんですと言うと、その時点で興味がある共通事項だけ向こうは印象に残るので、それで仲良くなれるということも多々あると思います。これは、やっぱり人に会う機会が多い人ほど、それを感じていると思うので、なるべく人に会うという前提を増やしていくことが大事かなと思ってはいるんですけど。


 好きな食べ物とか、オススメのお店のとか、今googleとかでも検索をした内容に合わせて、あなたこれを求めていませんか?とか、これをおススメした人にはこれもおススメしてますというのも出てくると思うんですが、まあそういうのも、なるべくたくさん使ってる人の方が精度が高くなってくると思うし、初めて検索した後だと、おススメって出てきても、いや全然そんなの興味ねぇし!みたいな情報が多いと思います。

その辺は人間も全く同じで、人と関わる回数や、関わる接し方が、量が多い人ほど、あなたってこういう人よね?と、理解度が高まるというのは変わらないと思ってるんですね。

インターネットを使って、SNSを使って発信するというのも全く同じで、SNSでちゃんと自分の主張を言ってる人には、そういう仲間が集まってくれます。


例えば起業したいというのが、一番分かりやすい例。

起業をしたいということを書いていると、

「じゃあ起業するんだったらこういう事を学んだ方がいいよ」とか

「このイベント出たら」とか、

「こういう人紹介しようか」とか、

情報を発信した人に、周りの人たちは情報を伝えてくれる、情報を持ってきてくれると思うので、これからは情報を開示した人に情報が集まる。


また違う事例になるんですけど、Airbnbとか、Uberとか、個人間のシェアリングエコノミーが増えてくるんですよね。そうすると、Airbnbなんて元々は、自分の空いてる部屋を宿泊として貸しますというものなんで、知らない人を家に泊めたくねぇっていう話なんですね。


会ったことが無い人をどうやって信用するか。この人は怪しい人じゃないんだなという事が、分かってくる。SNSを投稿する中で、自己開示をしてる人ほど、社会的な信用が高まるという時代にこれからはなってくると思います。


私は自分の新たな気づきだとか成長は、人との出会いによって作られると思っています。

(プランドハプンスタンスと言います)


皆さんもSNSでどんどん自分を開示していきましょう。




まとめ:

  • シェアリングエコノミーでお得になりたいならSNSをやろう!

  • 自分に適した情報が欲しい人は、尖った情報を発信しよう!

  • SNSはリアルの理解度を加速する


関連リンク:


池上彰+佐藤優「SNS、最強の使い方」はこれだ | リーダーシップ・教養・資格・スキル-東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


Airbnb、Uber、Lyftが変えた世界:シェアリング・エコノミーの時代-WIRED


SNS空き巣の手口とは?FacebookやTwitterの設定や対策を紹介! - My News23


広島のSNS専門家「ビジネスに繋がるSNSの役割は、情報発信だけが目的じゃない……」-広島で開催されるセミナー情報なら、ひろセミ

だーすーさんに相談する

「何か始めれば記念日」


株式会社あきた総研

代表取締役 須田紘彬

キャリアメンタリスト

地域コーディネーター


就職相談/人材確保/働き方改革/ダイバーシティ/選択肢/決断

@2018 by Suda Hiroaki

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

Conext me