• da-su-

【個人でお金稼げますか?】ライフシフトと100年時代

最終更新: 2019年2月26日



ライフシフトっていうのは人生の在り方が変わっていくっていう、ライフがシフトしていきますっていうそのままの意味なんだけども、


同時にキーワードとして知っとかなきゃいけないのは100年時代です。


有名な『ライフシフト』という本でもサブタイトルは100年時代となっていて、今回はその2つのキーワードについてかいつまんで話します。


ライフシフト


今、人間の寿命というのは男女で10年ぐらい差はあるけど、大体80年くらいと言われていると。


定年退職が今伸びてきているので、大体65歳くらいが定年退職すると、

15年くらいは年金と貯金で暮らしていきますっていう時代が今の時代なわけですね。


だから今は退職金とかがあれば、年金があればまずまず生きていける時代なんだけど、


今の20代・30代、それ以下の世代っていうのは、基本的には年金っていうのはほとんど貰えなくなってきているし、貰える年齢自体が後ろ倒しになる。


つまり定年退職してから年金が貰えるまで、5年とか10年とか年金が貰えない期間っていうのが発生する可能性があるような時代なわけですよ。


これがライフシフト、人生の在り方が変わって行くということ。


100年時代


更に人生100年時代。


寿命が100年になりますということになると、60歳、65歳で定年退職すると


そっから35年とか40年近い老後が待ってるんで、これはもう貯金とか年金では生活ができなくなってくるっていうことになるんです。



だから、終身雇用、つまり定年退職があるような仕事だけではなくて、


退職した後も稼ぎ続けられるような何かその人が稼げるキャッシュポイント(収入源)がなきゃいけないってことが経済的な前提になってくると。


だからじゃあ企業側もどうするかっていうと、体調崩したりだとかで本当に働けなくなるまで雇用するような仕組みが必要になってくるし、


行政は働けなくなった人たちはどうやって生活していくかっていうことも考えなきゃいけなくなってくるし、


個人ひとりひとりは会社に依存せずにいろんなところからお金を稼げるような専門性だったり、人脈だったり、そういう新たなキャッシュポイント(収入源)を作るってことをやっていかなきゃいけないっていうような時代になってきてますと。



だから今までの日本古来の終身雇用だとか、副業せずに一つの会社にだけ生きていくとか、

大手企業や行政職みたいに縦割りで幅広く、深く知らないような業務ばっかりやってると、


実際定年退職した後に起業しますかって言っても、なかなか起業の仕方もわからないとか、お金の稼ぎ方がそもそもわからないっていうことになり得る。


だから、今のうちからお金の稼ぎ方を少しずつ知っていきながら、実際自分は何者なのかっていうのが会社から所属が外れた後、怪しい人じゃなくなるようにしないといけないと。


ということで僕は自分の個人サイトを作っています。


【何者?】新年早々女子大生に問い詰められた【インタビュ-】(別記事)
新しい働き方と新しい組織の形 "ざくっとティール組織(別記事)"

まとめ

  • 人生の形は変わり年金だけで老後を過ごすことはできない

  • 寿命は延びて老後も長くなる

  • これからは個々人が新たなキャッシュポイントを作らなければならない


関連リンク


「ライフシフト」の本質とは何か、日本人のための「人生100年時代」戦略論-ビジネス+IT


生き方改革のためのライフデザインとは? ライフシフト・ジャパン代表に学ぶ『ポスト平成のキャリア&ライフデザイン』-logmiログミー


ライフシフトできる人が、ロジカルシンキングより大事にするスキルとは?-DIAMOND online


厚生年金の平均月額は、男性「18万円」女性「9万円」 - シニアガイド


だーすーさんに相談する

「何か始めれば記念日」


株式会社あきた総研 代表取締役 須田紘彬

キャリアメンタリスト

地域コーディネーター

就職相談/人材確保/働き方改革/ダイバーシティ/選択肢/決断


@2018 by Suda Hiroaki

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

Conext me